ご紹介

フミカフ フミカフ

Author:フミカフ
名前:カフカ
性別:♀
猫種:アビシニアン
誕生日:2009年8月29日
出生地:三重県
好きな食物:カニカマ
好きな場所:お風呂場
天 敵:掃除機とスプレー
く せ:背中の毛を抜く


書いてる人:フミカフ
性別:♀
出生地:ホタテとウニの国。
特 徴:小さい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おきゃくさま

里帰りのメリットデメリット

前回のご報告にお祝いのお言葉をいただきとてもうれしかったです。
ありがとうございました_(_^_)_頑張ります!

今回は、里帰りするかしないかで悩んだお話を・・・。

以前からもし子供ができるようなことがあったら、どこで生むかを
自分なりに考えていたのですが、本当は里帰り出産に消極的でした。

通っていた病院は不妊治療からずっとお世話になっており
昨年の手術の執刀もしてくれた先生で、非常に信頼していたので
ここでお産したい、というのが本音でした。

それに、家族に頼ってしまうと後々しんどくなるのでは?と考えたり。
帰路、新生児連れの飛行機が不安だったり。
何よりお連れと長期間離れるのも寂しい。

そもそも私自身、慣れ親しんだ環境が変わることがとても苦手なんです。
(…カフと一緒か)

また、現住所と里帰り先がそれぞれどういった制度を取っているかによりますが、
里帰りの場合もろもろの手続きがとてもややこしくなります。
遠方に長期間滞在する私のような場合は特に!

検診が自己負担になるのはあとあと返ってくるからいいとして、
子どもの予防接種も現住所の保健所から依頼書を発行してもらったり、
自己負担になるかならないかも自治体により制度が異なるようです。

この予防接種の件、私の場合は市のサイトにも冊子にも載っておらず、
たまたまその手続きをしたという方のブログを目にし、
実際に保健所に問い合わせて初めて知った事でした。

里帰り出産する人の多くは生後2か月以内に帰るため、
他の自治体で受けさせる人がが少ないからだと思われますが、
知らずに接種に行って「え??」ってなる方も出るはず(-_-;)

その他、旦那さんと母子手帳や印鑑を速達でやり取りが必要なんて話も。
とにかく、あまりにも不便でびっくりしました。
IT革命ってなんだったんだよ!マイナンバーとやらもこういう事に生かしてよ!

そして何より、カフちゃんどうする!?っていう。
この子の生活環境を長期間変えるのはとても酷な事だと思いました。

以上、理屈で考えると遠方里帰り出産はデメリットが遥かに多く感じました。

でも緊急事態に自分たちだけで適切な対応ができるのか、
カフカを見れる人が居ない事態になったら?と、
いろいろと安全面を考え、カフを連れて里帰りするのが最善という事に落ち着きました。
双方の両親が地元に居るので、孫の顔をすぐに顔を見せられるというメリットもあるし。

そして、いざカフを長期間アウェー環境に住まわせるにあたり、
里帰りが決まってからずーーーーーーーっと悩んでいました。

まずは何よりも脱走対策。
ドアを閉めるとかその手のモラルが異常に低い(w)我が実家から、如何にして協力を得るか。
(とりあえず前回ご紹介した即席カフガードで今のところ何とかなっています)

あとはカフが1日も早く適応するためにどうするか。
そのためにしたことは、カフが使うものを片っ端から持ってきた事!

カフのお気に入りのかまくら、アンカ、人形、トンネル、一番の大物はじゅうたん!
自身のにおいが付いてるであろうものをいっぱい持ってきました。
(あのトイレはさすがに無理でしたがw)
おかげで段ボールがひと箱追加でかかってしまいました。

けどその甲斐あってか、
短期間里帰りしていた時はカフの部屋に行くたび、か細く鳴いてすり寄ってきたのに、
今では私が部屋に様子見に行ってもベッドで優雅に寝てたりします。

特にこのじゅうたんの功績はかなり大きいと思われます。
016.jpg


様子を見に行った母が”クレオパトラみたいだった”とこぼすほど
ベッドでエラそうに寝そべっていたり。

入院中はお連れに駆けつけてもらい、私の実家に泊まってカフを見てもらう予定です。

このように、今に至るまでに私の脳内では多くの紆余曲折がありましたが
いざ子が生まれた後は
「里帰り出産しないなんて絶対無理!\(◎o◎)/」派に転ずるのだろうと思います。

何のための里帰りかと言うと生まれてからが大変だからだもんね。

本番までまだ日がありますが、
それまで、残り少ないカフとの蜜月を今は楽しもうと思います。


ながくなっちゃいました(^_^;)

おまけにカフとりんの攻防を…

りんちゃんは何だかんだでカフの事が気になっていて、
降りてきてほしそうに階段を見つめてたりします。
1582.jpg

けどいざ降りてきたらカフの睨みに屈服気味
1551.jpg

近づこうものなら
1517.jpg

りんちゃんごめんね。゚(゚´Д`゚)゚。

けどさ、あんたの超ハイテンションにカフが付いていけるわけないんだってば!!笑



ランキング参加中です☆応援よろしく御願いします♡
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚♪
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
にほんブログ村
今回のお話は、飽くまでもその自治体によってまちまちなのです。

手厚くHPになんでも載っているようなところもあれば、
母子手帳といっしょにくれる冊子になんでも書いてたりするかもしれません。

私の場合は、一般的な里帰り出産と比べて長いようで、
間に合わない手続きがいろいろ出てきてしまったため
こういう煩雑化に繋がってしまったわけです。

けどね、居ると思うんですヨ、割と。こういう人。
しょっちゅう移動できない遠方なら特に。

だからせめて「3か月以上里帰りする人は別途確認が必要」的な
なんか書いといてくれたら安心なんだけど。。。

私のように友達少ない系は情報集めが大変なんです(=_=)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

フミカフさん大変だったね~
カフちゃんの絨毯まで・・・でもわかる
猫さんは家につくといわれてるから、匂い大事よね。
素の甲斐あって、カフちゃんうまく順応できたのね。
良かったよかった。
今となっては里帰り良かったんだけど、お母様がたが交互に産後の手伝いにフミカフ宅に泊まるという選択しはなかったのかな?
うちは兄のお嫁さんが滋賀で産むことを決めたので、母は前後2ヶ月ほど滋賀で生活をしたのよね~お父様達をおいていくのは難しいかな~やっぱり
今は順調なんだからよけいなお世話でしたね
ゆっくりいっぱい休んで出産までカフちゃんとの時間楽しんでください。りんちゃんのカフちゃん待ち可愛いな~♪

No title

わーわー(≧∇≦)
遅ればせながらおめでとうございます〜(^○^)
もちっと早くこっち見てればよかったー
カフたんと赤ちゃんのご対面が楽しみです!
インスタでもよろしくお願いします〜!

産まれるまではのんびり満喫してお母さん頑張って下さいねん♪

クレオパトラってwwおかあたまウケる

No title

里帰り出産って割と定番だけれど
いろいろ大変なのね(@@)
核家族化で、出産時は親元に帰る人が多い時代なんだから
その辺は全国どこでも同じ制度で
って出来ないものかしらね。
(その自治体の予算の都合もあるけど、国の助成とかでさ)

カフカちゃん、フミカフさんの愛情のおかげで
リラックスして過ごせているみたいね♪
やっぱりいつも使っているものを持っていくのって
大事だよね。

No title

そか 里帰り出産って色々大変なんだね〜
でも、もし今後二人目!って時には
今回の苦労が役立つ訳だし!頑張れ〜〜ぃw

お母様のクレオパトラみたいだったって表現
ツボだったwww

No title

里帰り出産ってそんなに色々大変なことがあるんですね。

私も里帰り手術をしたときに、チルを実家に連れて帰ったことがあります。
入院1週間、回復まで3週間かかると言われてて、同じく出張と残業で帰宅が出来ないかもしれない夫には任せられなくて。

私は大物を持って帰らなかったから、フミカフさんの記事読んで反省・・・
1週間の入院の後、実家に戻った時の甘え方が尋常じゃなかったからやっぱり寂しかったのかな。

うちはヤドカリにゃんこにさせちゃってるから、苦労をかけてるとおもいます。その分愛情を増し増しにしないと!

カフちゃんの絨毯の上でのくつろぎっぷり、クレオパトラだなんて可愛いなぁ(*^_^*)

ニノかーちゃんさん

実家は自営業だし、お連れの実家のお義父さんが現役なので、
長期間来てもらうのもちょっと忍びないのですよね((+_+))
うち、すごい狭いし…。
結局のところ私とカフちゃんが環境の差に馴染めば済む話なので
こうするのが最善だったのだと思ってます^^

それに、里帰りの本領発揮は産後なんだろうなあと思うので
今のうちですよね。悩んだわぁとか悠長なこと言ってられるの(TωT)

二匹がじーーーーっと見詰め合ってる光景、笑えますよ。
犬も猫も、表情が豊かでおもしろい!!

キポーナ。さん

わーわー ありがとうございます(*^。^*)
そうですね、確かにインスタではわざわざ言ってないですね。
カフがどうなるのか超超不安ですw
戌の日の絵馬にも、カフが仲良ししてくれますようにって
書いてきたよ(@_@;)頼むよカフちん!!

あんずミャミャさん

私ももちっとスムーズにできるもんだと思ってました。
国内でこれなら海外からの里帰り出産する人とかどんだけ面倒なんでしょうね!?
ごみの分別とかもいい加減、全国統一してもらいたいですよね~。
引っ越すたびわけわからなくなって不便、、、

カフグッズ、過保護か!ていうくらい持ってきましたw
けどこのじゅうたんや見慣れたカフグッズのおかげで
私も落ち着いてるような気がします(*^^*)

ぽちさん

なんかみんなやってるからもっと簡単にできるものだと
甘く見ておりました。
調べないとならない事だらけでパニクりました(=_=)
それとみんな意外と速攻で帰ってくるのね、、ってことにビックリしたり。
やはり実家は遠くとも新幹線で行き来できるぐらいがいいですよね。
北海道遠い…(@_@;)

猫って脚伸ばしてリラックスしながら冷ややかな目で
見てくることありません?
母が連想したのはおそらくこんな感じのクレオパトラw
 ↓
http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/r/article/1145821702681181401/2114d96a99ace273d2bce3a851afe8fc.jpg?size=pict160_160

ササミさん

すべに里帰り経験された方はそんな面倒じゃなかったよ?って
言うかもしれませんが
そもそも市役所だのなんだのが面倒な私にとっては非常に難解でした。
簡単に行き来できない距離っていうのもプレッシャーだったし…(-_-;)

1週間入院+回復まで3週間てことは1か月帰ってたってことですね。
ていうか1週間チルちゃんに会えないとかつらい(TÅT)
甘え方とかなんかわかる気がします!
うちも今までの帰省のときは、外出から帰るたびに
聞いたこともないような声ですり寄ってきてました。
けど1か月だったら私もここまでいろいろは持ってこなかったと思います。
だって持ってくる手間のほうがかかっちゃいますもんね~。
約半年となるとね、、さすがに慣れてもらわないと、と思って
念には念を入れて大荷物にw
非公開コメント

カフカ人間化!
故ミロ姉さん人間化!
りんちゃん人間化!
リンク