ご紹介

フミカフ フミカフ

Author:フミカフ
名前:カフカ
性別:♀
猫種:アビシニアン
誕生日:2009年8月29日
出生地:三重県
好きな食物:カニカマ
好きな場所:お風呂場
天 敵:掃除機とスプレー
く せ:背中の毛を抜く


書いてる人:フミカフ
性別:♀
出生地:ホタテとウニの国。
特 徴:小さい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おきゃくさま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮絶な1日

さてカフの血尿事件の続きです。
とーっても長いので2話に分けます( -ω-)_旦~~ドゾ

システムトイレが届いたその日は、採尿指示から4日が経っていました。

これを設置したら後はしっこするのを待つだけ!という期待感と
ちゃんと使ってくれるだろうかという不安で入り混じった
複雑な高揚感で、いそいそと開梱

しかし猫ってなんでこんなにダンボールが好きなんでしょう・・・
この時はすっかりひゃっはー状態のカフカです。
IMG_4016.jpg

この後悪夢が待っているとは私もカフカもまだ気づいていません。

一式をセットして、旧トイレからしっこ玉とウ⚪️コさんを一つずつ投入。

そして旧トイレの猫砂を寝室のトイレに移し、旧トイレは一旦洗ってしまうことにしました。
寝室トイレを活かしておけば、システムトイレを完全拒否したとしても
トイレはできると思ったからです。
システムトイレに移行後数年経っても使わない猫もいるそうなので、
慎重に事を運んでるつもりでいました。

お風呂で固まった砂部分をふやかしていたら、カフカがやってきました。

ニャー
ニャー
ニャー
ニャー
ニャー
ニャー
ニャー

・・・・・・・やばい。絶対文句言ってる・・・(ー_ー;)

作業できなかったので一旦出てもらおうと、カフちょっとごめんねーって声をかけたら
ぎゃああああーーーー(▼□▼)!!!


・・・・・・カフカ、渾身の爆ギレです(T-T)

火噴いてました、うん。火が見えた。

え、、、、(;  ̄ェ ̄)ちょ、、、、、、、そんな怒る???

「や、ちょ、カフカ、落ち着・・・」
「んぎゃーーーーーーーーー!!!!!!」

・・・・ヒス起こしてる・・・・・・マズいことになりました。
自宅でこんなんなったのは、5年間で初めてです。

しかも興奮した猫の声って・・・人間の赤子の声に聞こえるでしょ。
虐待かと思ってケーサツきたらどうしようと思うくらいのもんです。
そしてもう声をかけるどころか目があうだけでその怒りの叫び。
文字通り手も足も出せない状態です。

視線を逸らしてじっとしてるしか無いのですがここで作業を止めても
この状態が続くだけなので、パンチやら噛みつきやらで足を血まみれにしながら
一旦外に出しました。

そしてトイレの清掃は完了。
その場を外そうにも、モンスター状態のカフが通せんぼしてて前に進めません。
こういう時は、断固無視するしかありません。

噛まれまくりの足を犠牲に、悲鳴をスルーしながら作業を淡々と進めました。
ただ、片付けようと思っていた旧トイレは一旦新トイレの横に砂を入れずに置いておくことに。
なんとなく、片付けたら殺されそうな勢いだったので・・・・(ー_ー;)
そっちに粗相されても採尿ができてラッキーだし。

そして足は血まみれ・メンタルボロボロの私は一旦寝室に籠城しました。

カフカがエゲツないツンデレで神経質デビルなのはよく知っていますが
さすがにこれほどまでに敵視し攻撃されると凹みます。
疲労感やストレスでへっとへとです。お連れにもういやだとメールしてしまいました。

ベッドでしくしくと挫けていたら部屋の外からカフカの語りかけるような鳴き声が。
「んにゃあ〜〜ん、にゃあ〜〜〜ん」

・・・( ゚ω゚ ;)・・・何?諭されてる?・・・・

開けて〜〜開けて〜〜出ておいで〜〜〜〜
ふてくされてちゃダメにゃよ〜〜〜  だって。

・・・・・・・おい・・・・(; ̄ω ̄)…

トイレの切り替えには時間がかかるので、すぐに無理なのはわかります。
ただカフが旧トイレにあれほどまでのこだわりを見せたことは想定外でした。
今まで一気に砂を変えても、トイレを増やしても、
実家で買っておいてもらった猫トイレも、難なく馴染んでくれたからです。

思えば、うちに来た時からずっと使っていたあのトイレ。
RIMG0779.jpg

もしかしてカフがこの家を自分ちと認識できていたのはあのトイレのおかげだったのか。
RIMG4737.jpg

カフの存在意義はあのトイレなのか?
IMG_1503.jpg

カフがカフでいられたのはあのトイレのおかげだったのか?
201405042.jpg

とりあえず 飼い主 < あのトイレ な事に軽くショック・・・(T▽T)
右足の生傷を見るたびにそう感じるのでしたww



という、猫にとって使い慣れたトイレがどれだけ掛け替えのないものなのかを
知った出来事でした (-ω`-〃)




さて超長くなったので続きは次回へ。




ランキング参加中です☆応援よろしく御願いします♡
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚♪
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

お猫様にとってトイレは縄張りだものね。

最後の手段として
尿道カテーテルって方法があるから
(お猫様には負担だけど・・・)
頑張って採尿!ってして
フミカフさんもカフカちゃんも
ストレス過剰にならないといいなぁ。

まずはシステムトイレに
今まで使ってた砂を敷き詰めて
慣れてもらったらどうかしら??

No title

足の傷、大丈夫ですか?
噛まれると放心状態になるよね。。

カフカちゃん、今までのトイレ大好きだったんだね。
うちもシステムトイレに切り替えた時は、
ゆめが慣れてくれるまで大変だった(汗)
元々使ってた猫砂に少しずつ新しいチップを増やすようにしたら、
時間はかかったけど、なんとかトイレと認識してもらえましたヨ。

No title

あわわわ
予想以上に大変な事になってたのね(((;꒪ꈊ꒪;)))
トイレへのこだわりって皆あるけど
カフちゃんは相当拘りもってたのね

カフちゃんの存在意義・・・・ではないと思うけどwww
とりあえず続きが気になる

あんずミャミャさん

そうですね〜〜
大事な縄張りなんですよね、トイレって。
以前洗った時はこんなにならなかったのに、
今回は何か察することがあったのでしょうか。

最悪麻酔して尿カテで導尿してもらおうかとも
考えたのですが、カテができるのは雄で、
雌はお腹に針を刺す尿道穿刺という方法になるそうです。
さすがにそれはかわいそすぎですよね(T-T)

一応、1回だけは使ってくれたんですけどね。。。
それ以来使ってくれてません。
早速アドバイスいただいたとおり、旧トイレ砂を増やして、
あたかも前と同じトイレだよ〜みたいに置いてみました。

sayanさん

足の傷、穴空いたプツプツとその周りが
青あざになってます(T▽T)

ゆめちゃんはどんな感じで大変だったんですか(´;ω;`)?
やっぱり最初は前の猫砂だけを敷きましたか?
幸い、現在は採尿地獄からは脱したので
いろいろ方法を試してみようと思ってます。
•••それともあまり神経質に気にしないほうがいいのかなあ。。

ぽちさん

ほんと予想以上の大惨事ですよ(T▽T)
私も何回かキレましたしww  (゚Д゚#)うるせー!って

けど興奮してる時にこっちも応戦すると、
敵に「ガオー!」って言われてるのと同じなんでしょうね。
負けずに「うぎゃーーーー!!!」て言い返してくるの。

もうシャーなんて痛くもかゆくもないです(;^^)
非公開コメント

カフカ人間化!
故ミロ姉さん人間化!
りんちゃん人間化!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。