ご紹介

フミカフ フミカフ

Author:フミカフ
名前:カフカ
性別:♀
猫種:アビシニアン
誕生日:2009年8月29日
出生地:三重県
好きな食物:カニカマ
好きな場所:お風呂場
天 敵:掃除機とスプレー
く せ:背中の毛を抜く


書いてる人:フミカフ
性別:♀
出生地:ホタテとウニの国。
特 徴:小さい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おきゃくさま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフちゃんの温泉紀行~vol.3~

修善寺を出発した私たちはウネウネした峠道を超えて
お目当てのねこ博物館へ参りました。
ここはペット同伴不可なのでカフは車でお留守番。

玄関の猫像。
RIMG0407.jpg



温泉街の山の中って、
得体のしれないミュージアムがよくあるじゃないですか。
(結構好きなんですが^^;)
だから私、期待しつつもちょっと偏見がありました。

が、ここは意外にすごかったですよ。


興奮ポイント
1)とにかくネコ科集結
2)貴重な剥製・頭骨標本
3)各種ネコちゃんたちとの触れ合いコーナー

ね!?
ネコ科マニアにはたまらない博物館なのです。


で、でね、でね、私、
またしても写真なしです。アウッ Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノ

違うんです、
博物館てものは基本的に写真撮影禁止のはずなんです。
だから当然のようにカメラの存在を忘れたんです。

だから施設HPで勘弁してくださいww
ねこ博物館こちら

この博物館は日本ネコ科動物研究所の付属施設だそうで、
置かれている剥製・標本には相当貴重なものがずらり。
絶滅した「バリトラ」「ジャワトラ」の頭骨など、
日本でここでしか見られないものや世界的に貴重な展示品が多いです。


さて2階、触れ合いコーナー。

ここではいろんな種類の猫ちゃんが居ます。
おなじみのアメショ、マンチ、メインクーン、ノルウェージャン、
ロシアン…
どの子もかわいい。

もちろんアビシニアンも。
あと、巨大になっちゃったシンガプーラちゃんがいました (5kg弱)笑


そして、初めてデボンレックスを生で見れた!
会ってみたかったのです

↓↓デボンレックス
devon-rex.jpg


が…、毛布に頭をつっこんで爆睡しており、
私が見れたのはオケツだけでした orz


・・・これじゃデボンレックスの「ックス」くらいしか
見れたことにならないですね。

けど。あのふわふわのカールヘアを見れただけで
ハッピーになりました


同じ2階で猫みくじなるものをひいてみた私。

おみくじといえば、暗い過去がよぎります。
私は凶を呼ぶ体質なのだ…


よぎる・・・


よぎる・・・


はい正解
RIMG0413.jpg
        Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


もう自分がこわいです。


ショックで読めずにいた私の代わりに
連れが目を通してくれました。
すると言います
「読まなくていいから早く結べ」

何、何を隠すの。

読ませてよ。見せなさいよ。



まじですか


涙で読めません。


・・・車に帰る。カフカに会いたい。



ガフぢゃん…( /д〒)ノ  (ФÅФ三)?


あたってないわよ。
こんなに仲良しなのにさ
くるまでだっこ
               どしたの?

仲良しだもんね!

はなすのにゃ
               ニャにさ急に~~~



と言いつつ、缶詰でご機嫌取りな私 笑
はい、お食べ

RIMG0414.jpg



さあ、おうちに帰ろっか~






こんな感じでカフちゃんの秋の行楽終了です。

誰かのお出かけの参考になれば嬉しいな。


PS
先日義経のお墓を見たって書いたのですが、
あれ、お墓じゃなくて像ですね。
間違いました(--)
ねこ博物館に行かれた方の体験談を読んでみたのですが、

以前より規模が縮小されたそう。
もっとたくさんのネコちゃんを飼育していたらしいです。

あと、においがあると。
私は全く気付かなかったけど…。
ってことは、人によるっていう程度だと思います。

ちょっと感じたのは、
ネコちゃんがみんな、若干おっきいかなと。
最少猫のはずのシンガプーラが5キロ弱って(笑
けど食べさせてなくてガリガリってのとは違うし、
まあ、いんでないの?って思いますね(^^;

開設当初がすごくきれいだったんでしょうね。

わたし的には、
客寄せのために無理に多頭飼育してみんなやせ細っている、
っていうような状態に比べたら、
開所当時より頭数が減っていても、
それで手入れが行き届くのならそれが正しいのではないかと思いますよ。

っていう、期待と信頼を裏切らぬよう、
管理者には頑張ってもらたいです。


また伊豆に行く際は寄りたいと思います
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: アビシニアン
ジャンル: ペット

コメント

こんにちは。
カフちゃん、わんちゃんみたいにおりこうさん!
いいなぁ
こうして猫ちゃんと旅行できるって夢みたいだぁ~
猫博物館なんてものがあるのね。
デボンレックスって実際みたことないけど
くるくるカールかわいい~
なんだかアフリカとかにいそうな動物だぁ
それにしてもおみくじひどいね・・
何もそこまでピンポイントで名指ししなくていいのに・・
何の根拠もないくせに~!
って、旅行レポ楽しかったです。

koyajiさん

そう。
私をいじめるために作ったようなおみくじだよね…

だいたい、あなたはスコティッシュです→凶って
なんやねん!
この旅行、カフカはこちらが思っている以上に
疲れたかもしれないけど
旅の間一度も毛抜かなかったから
いい感じに気が紛れてたのかなって思います^^
心配なのは、車の中でトイレしないことかな。
そのうちできるようになってほしいんだけど。。。


ノォーーーーーーーーーーーーーッ!(ノTДT)ノ
目に入れても痛くないほど可愛がってる愛猫が、
アビシニアンなのにそりゃないぜーーー!(笑)
ほんと意地悪だねぇ。。。(。-‘ω´-)
でもさ、あなたはアビシニアン♪だったら、なんだったのだろう?
やっぱり大吉よね♪(●・´艸`・)、;'.・ ププゥ
でもここ行ってみたいな~♪ネコ科好きにはパラダイスだよね♪(=´∇`=)
でもおみくじは引かないと思う。。。[電柱]´,_ゝ`) フ゜ッ(笑)

いいなぁ~!!カフちゃん、海を見たの!?
旅館に泊まったの??
車、酔わなかった??
温泉のご飯、つまみ食いした・・・?   byみみ


楽しそう♪一緒にお出かけなんて(*^_^*)
いいな~
そんなおみくじなんて、気にしない!!
だって、フミカフさんとカフちゃん、愛し合ってるもん♪大丈夫~

アムステルダムの猫博物館とのイメージの違いを見たかったのに残念!
カフカちゃんと楽しんできたね!

猫博物館なんてあるんですね
行ってみた~い♪
猫ハーレム堪能してみたいです

フミカフさん・・・・また凶って(^_^;)
きっと悪運強いって事じゃないかしらウンウン
きっとそう 逆もまた真なりよ!
おみくじなんて いいところだけ読んどきゃいいのよ! キニチナイキニチナイ

相性? いいに決まってる!
カフカちゃんとのラブラブ生活で実証済みだもん
ファイト!

りえりん♪さん

ねえ。
ほんとに意地悪なおみくじよ!
ブログをバッサリ全否定するような一文(笑
けどネタができてよかったか…
や、良くない!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
私、何気に残念キャラかも。

みみちゃん&温花さん

みみちゃん!あちし海見たのよ?
けど、あちしあれみたことある。
あれ、お風呂じゃない?
違うの?
ごはん中はね、キャリーに入れられちゃったの。
プラスチック越しにみたごはん。。。
美味しそうだったなあ…(〒ω〒)グウー
車はね、酔いはしなかったわ。
首のうしろに横にはまって景色を見るんだよ。
最高よ♪

Anneさん

アムステルダムにもあるんですか?
海外のって規模が全然違うんだろうなあ~。
ねえ、博物館て撮っていんだっけねえ~~(^^;
てっきり写真禁止かと思ったよ(TT
今度また、撮ってくるね。

ぽちさん

(〒ω〒)うん…がんばります。
55種類(?)だかある猫種の中から
なぜよりによってアアビの飼い主がこれを
ひくかっていうね。
ある意味強運ですよね。

ラブラブ生活かあ…❤
昨日がっつし噛まれて大喧嘩したばっかだけど(笑
非公開コメント

カフカ人間化!
故ミロ姉さん人間化!
りんちゃん人間化!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。