ご紹介

フミカフ フミカフ

Author:フミカフ
名前:カフカ
性別:♀
猫種:アビシニアン
誕生日:2009年8月29日
出生地:三重県
好きな食物:カニカマ
好きな場所:お風呂場
天 敵:掃除機とスプレー
く せ:背中の毛を抜く


書いてる人:フミカフ
性別:♀
出生地:ホタテとウニの国。
特 徴:小さい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おきゃくさま

許せない事件。

千葉県で、2歳10か月の男の子が餓死する事件が起きました。

その体重5.8kg。新生児レベルの体重。
空腹に耐えかねて口にしたと思われる紙オムツが
腸を塞いでいたそうです。




驚くべき供述が、

「猫の方がかわいかったから」
「猫のほうが先に飼ってたから(猫のほうが大事)」
「(身柄拘束されて)猫のご飯どうしたらいいんだ」


ねえ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もういいお前しゃべんな・・・・(憤)

私も猫と暮らしていて、いくら親バカと言われようと
理性と分別はあるつもりだ。
99.9999………%の飼い主はそうでしょう。

みなさん、言いたいことは同じかと思いますが




●●●●●●●●●!!  自粛





生活保護世帯だったそうです。

怒りを抑えて書きますが、
ペットと子育てを秤にかけたという事でしょうか。
その割に父親が肥えているのが聊か気になりますがね。

生活保護世帯でペットを飼うなと言ってるわけではありませんよ。
きっかけにもよるし。
ただ、「家族の養育ができるうえで飼育できる環境が整っている」事が
大前提ではないでしょうか。
子育てとペットが両天秤になるような環境は、
お世辞にも「整っている」とは言えないでしょう。

もしも相当な逼迫状態になり子育てとペットを両立できなくなった時、
ペットを手放しても互いに幸せになる方法がいくらでもあるはず。
知人、里親。とにかく新しい飼い主を捜す。
連絡を取り合い、会いに行くこともできる。
のちのち余裕ができたら再度引き取り交渉する事だってできる。


なんて正論を述べているつもりですけど
そもそもこういう理屈が通用しないタイプの人間だったことは
明らかでしょうが。


猫がどうとかじゃないんです。
猫がいなくても育児放棄の可能性があったと思えてなりません。

結果、彼らは論理的に、理知的に行動する事よりも
子の死を選んだんです。


明確な殺意があった場合は殺人罪ですが、
それ以外、傷害致死や保護責任者遺棄致死などは
「死に至ることを認識していたのかどうか」が最大の争点になります。
今日付けの報道で殺意を否定しているとの事です。
猫のご飯は気にしてますけどね…この理屈は通るでしょうかね。


この事件、不作為による殺人として殺人罪を適用するべきだと思うんです。
現行法一辺倒だと、育児放棄による死は他人を殺生することより
罪が軽いという慣例ができてしまう。
「死ぬとは思わなかった」の魔法の一言で。
どうなのこれ。


正当な判決が下されることを願います。

心から、亡くなった子の無念を悼みます。
残された女の子2人の将来に胸が痛みます。
たとえ実の親と離されても、
安全な機関に保護されることがベターかと思います。


そして、飼われていた猫だって生きています。
この子はこの先どういう道を歩むのでしょうか。
誰が引き取るのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: アビシニアン
ジャンル: ペット

カフカ人間化!
故ミロ姉さん人間化!
りんちゃん人間化!
リンク